HOME


HOME

企業情報

製品情報

技術情報

結晶とは?

カタログ

採用情報

English

連絡先
住所
電車でお越しの方
お車でお越しの方
電話番号 お問い合わせフォーム


〜時計用サファイア窓の製造工程〜
1.原料 流動性が高い、微粉アルミナを原料として使用しています。
   
2.結晶育成 ベルヌーイ法によりサファイアを製造します。約5〜10時間かけて
φ20〜40×100Lの結晶を育成します。
炉内は2000℃以上にもなります。
   
3.熱処理 育成時の歪を抜くために、1900℃以上で熱処理を行います。
この処理をしないと、育成した結晶は簡単に割れてしまいます。
   
4.切断 自社製のダイヤモンドブレードソーでサファイアを切断します。
   
5.外周丸め ダイヤモンドホイールを用いて円板の外周を研削し指定の径に
仕上げます。
6.平面研削 遊離砥粒で面を平らに研削し、指定の厚みに仕上げます。 
   
7.検査・出荷 結晶に含まれる泡、ベールと呼ばれる欠陥を光をあてて全数検査し、
不良を除外した後、研磨メーカー様に出荷します。
   
8.最終製品 ケースメーカー様、時計メーカー様を経て、皆様のお手元に当社の
サファイアが届けられます。
   
   


 COPYRIGHT c 2006 SHINKOSHA CO., LTD. All Rights Reserved.
このサイトに関するお問合せはこちら プライバシーポリシーについてはこちら