HOME


HOME

企業情報

製品情報

技術情報

結晶とは?

カタログ

採用情報

English

連絡先
住所
電車でお越しの方
お車でお越しの方
電話番号 お問い合わせフォーム


腕時計にサファイア?
腕時計にサファイア。といっても、ジュエリーをちりばめた宝飾時計のことではありません。
みなさんの時計の文字板を覆う透明なカバー、これがなんとサファイアだって、ご存知でした??
腕時計のカタログをよく見ると、「サファイアガラス」などと書いてあることがあります。
実はこの「サファイアガラス」というのは、「サファイアみたいなガラス」でも、「サファイアをコートしたガラス」でもなくて、まぎれもない「本物のサファイア」なのです!!
サファイアの硬度
では、なぜサファイアを腕時計に使うのでしょう。

きれいだから?高級感があるから?

それもあるかもしれませんが、実は大事な理由があるのです。

それは、「硬度」。つまり硬さです。
サファイアのモース硬度は、一番硬いダイアモンドに次ぐ9です。一般的なガラスの硬度が5〜6といわれていますから、差は歴然。腕時計にサファイアがついていれば、「カバーにキズがついて文字板が見づらい」なんて心配は無用なのです!!
モース硬度 鉱物
1 滑石
2 石こう
3 方解石
4 蛍石
5 りん灰石
6 正長石
7 石英
8 黄玉(トパーズ)
9 鉱玉(サファイア、ルビー)
10 ダイアモンド
サファイアって宝石のサファイアじゃないの?
サファイアって宝石のサファイアじゃないの?

その通りです。

サファイアと言えば、青くかがやく宝石のイメージが強いですね。

このサファイア、化学的には「酸化アルミニウム単結晶」という物質で、サファイアのもつ魅力的な深い青色は、チタン他鉄などの不純物によるものなのです。

不純物のないピュアなサファイアは、無色透明で「ホワイトサファイア」と呼ばれています。
上の写真をご覧ください。いかがですか?
こうして見ると、ガラスとは輝きが全然違いますよね。

この「ホワイトサファイア」が腕時計の文字板のカバーに使われているのです。
信光社では、腕時計用のサファイアを製造しています!
日本で唯一、世界でも屈指の腕時計用サファイアメーカー。それが私たち信光社です。

いかがですか?サファイアって意外と身近な素材なんです。

戻る
 COPYRIGHT c 2006 SHINKOSHA CO., LTD. All Rights Reserved.
このサイトに関するお問合せはこちら プライバシーポリシーについてはこちら